運動神経 遺伝する

親の運動神経は子供に遺伝するのかどうか

スポンサーリンク

 子供の運動会でのかけっこなどをみて結果に親は一喜一憂するものであり、結果はどうあれ親の運動神経が子供に遺伝したと思うものです。
実際に親の運動神経が子供に遺伝するのかどうかでいうと、それは違います。
そもそも運動神経とは運動能力が優れていることを指すのではなく、身のこなしの速さや反応の速さなど状況に応じて体をスムーズに動かせる能力を指します。
これらはその人が置かれた環境に応じて発達するものであり、遺伝するものではありません。
たしかに骨格や筋肉量などは遺伝することはありますがそれらを持っていても運動などをして鍛えたり動かしたりして発達させない限りは向上しません。
そのため親がスポーツ選手でその子供もスポーツが得意だとしてもそれは親に与えられた環境により筋肉などを発達させることによって得意となるものです。
子供の運動神経を発達させるためには、特にスポーツクラブに入れることまで必要なく、公園に一緒につれていってあげるだけでも十分です。

スポンサーリンク

親が子供の運動神経を発達させるためには、運動をするための環境を与えることです。
どんなに優れた才能や能力を持っていても使わなければ意味がありませんし向上させることもできず、また様々な動きを実際に行うことによって苦手な運動もなくなります。
だれでもやったことのないことは始めから上手くいくものではなく、何度かやってみてできるようになることも多いです。
子供が運動をする機会を与えてやることで運動音痴となることもありませんし、成長の手助けをすることもできます。
子供が水泳やサッカーそして野球などをやりたいと言っている時に反対することは子供の運動神経を発達させることを阻害することになり、あまり良いことではありません。
子供がどのようなスポーツが得意となるかもわからないため、小さいうちには様々な運動をさせることも子供の適性を見極めることにもなります。
まずはやらせてみないとどのような運動に熱中するのかもわかりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
父親の運動神経が遺伝する可能性とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝に関する論文の存在
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝子の関係
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は遺伝しないが環境によって変わる
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経が遺伝する割合は
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経の良し悪しに関わるミトコンドリアは母親から遺伝します
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
子供に運動神経が遺伝するかどうか気になる父親と母親に
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は子供に遺伝するのか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
遺伝で決まるは本当か、運動神経が良い人の特徴
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方