運動神経 遺伝 父 母

子供に運動神経が遺伝するかどうか気になる父親と母親に

スポンサーリンク

 自分は運動神経が悪いから子供にもそれが遺伝するのではと心配になっている親は少なくないでしょう。
子供というのは父親と母親の両方の遺伝子を受け継いでいるので、双方の特徴を持って産まれて来るのが普通です。
そのため、多くの父親や母親はどちらかの運動神経が悪い場合にはそれが子供にも遺伝してしまうのではと危惧してしまいます。
そもそも運動神経というのはどういったものなのかというと、一般的には運動能力そのものが優れているということではなく、自分の思い通りに体をスムーズに動かすことが出来る能力を意味します。
人の動きを見てすぐに真似して自分も同じような動きが出来るという人は、運動神経が優れていると言えるのです。
そして、多くの父親と母親が気になる遺伝するかどうかということですが、現在の研究では遺伝はしないと考えられています。
持って生まれた能力ではなく、その後の環境によって大きく左右される能力だと現在は考えられるようになっています。

スポンサーリンク

運動神経が遺伝しないのであれば、何故スポーツ選手の子供も同じようにスポーツ選手になることが多いのかと思う人も少なくないでしょう。
これはスポーツ選手だった親に育てられることにより、普通の子供よりも環境がよりスポーツ選手を育てやすい環境にあることが多いからです。
また、もう一つの要因として運動能力があります。
運動能力は体格や筋力など運動を行う能力全般を指す言葉であり、運動神経とは全く別物です。
運動神経とは違って体格や筋力などの身体的特徴は遺伝しますので、その点では全くの一般人よりもスポーツ選手の方が運動を行うのに向いていると言えます。
陸上競技などで黒人が活躍していることが多いというのも、体格や筋力がよりその競技に適しているからだと考えられています。
このように世界のトップレベルになると父親と母親の影響も大きくなりますが、一般的な生活においてはそれよりもどうやって子供を育てるかどうかの方が重要になると考えられています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
父親の運動神経が遺伝する可能性とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝に関する論文の存在
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝子の関係
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は遺伝しないが環境によって変わる
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経が遺伝する割合は
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経の良し悪しに関わるミトコンドリアは母親から遺伝します
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は子供に遺伝するのか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
親の運動神経は子供に遺伝するのかどうか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
遺伝で決まるは本当か、運動神経が良い人の特徴
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方