運動神経 遺伝 割合

運動神経が遺伝する割合は

スポンサーリンク

 最近はプロスポーツ選手のお子さんや孫がプロスポーツ選手で活躍するという事例が多いです。
多くのみなさんは運動神経は親から遺伝すると考えている人が多いのですが、親は運動が得意なのに、息子が運動が苦手だったりあるいはその逆ということもあるので一概には言いにくいですよね。
実は運動神経というのは一般で考えられているのと医学界で考えられているのとは大きく違います。
一般的には運動神経というのはスポーツや運動が非常に得意な神経と考えられているのですが、医学的には合図に反応できる能力で例えば椅子取りゲームのように瞬発力が求められるゲームでは運動神経が物を言ってくるのです。
おそらく運動=スポーツと勘違いした結果そのような誤解が生まれたのでしょうね。
もしかすると自分が運動が苦手だったから子供も運動が苦手なのかもしれないと考えている親御さんも多いのかもしれません。
では、その遺伝の割合はいったいどれくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

はっきり言うと運動神経については遺伝に影響は少ないと思われます。
子供が両親から遺伝される要素は身長の高さや骨格や筋肉の割合などが遺伝されるようです。
また、別の説では母親が運動が得意だと子供も運動が得意だという割合いが比較的多いという研究結果も出ていますし、そもそもアスペルガー症候群のように脳機能の障害で運動が非常に苦手な障害だってあり一概に遺伝だとは医学界でもまだ結論付けられてはいません。
むしろ、一番影響があるのは子供の時期にどれだけ質の良いトレーニングをしてきたかという後天的な部分です。
スポーツ選手の子供が運動が得意というのも運動できる環境が整っていたというのが大きいといえます。
たとえどんなに運動神経が悪くても質の高いトレーニングを行えばある程度カバーはできますし、逆の場合でもしかりです。
だから自分が運動が苦手だったからといって悲観せずむしろお子さんが小さい時から運動の関わり方で運動神経は大きく変わるので是非その方向に努力することをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
父親の運動神経が遺伝する可能性とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝に関する論文の存在
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝子の関係
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は遺伝しないが環境によって変わる
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経の良し悪しに関わるミトコンドリアは母親から遺伝します
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
子供に運動神経が遺伝するかどうか気になる父親と母親に
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は子供に遺伝するのか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
親の運動神経は子供に遺伝するのかどうか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
遺伝で決まるは本当か、運動神経が良い人の特徴
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方