運動神経 遺伝 母親

運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは

スポンサーリンク

運動神経の良い母親は、自分に子供が産まれたら、自分に似て運動神経の良い子に育って欲しいと思うでしょう。
反対に、運動神経があまり良くないと感じている母親は、そこは子供に遺伝しないで父親の方に似て欲しい、などと願っているものです。
そもそも運動神経とは、マラソンが速くて持久力がとても優れている事や、足の筋力が素晴らしくキック力に優れている、という事とは少し違います。
運動する能力そのものの事ではないのです。
例えば、急にボールが飛んできた時にぱっと反応してキャッチする事ができれば、運動神経が良いと言えます。
他には、上手い人の投球のフォームを見て同じようにまねできてしまう人や、鬼ごっこやドッヂボールで逃げるのが上手い人など、その運動を適応させる事が上手な人は、運動神経が良いと言えるのです。
ただ単に走るのが速い人、ではなく、自分の体の動きのメカニズムを分かっていて、思い通りに動かせる人、というイメージです。

スポンサーリンク

では、この運動神経は、親から子供に遺伝するものなのでしょうか。
割合としては、父親より母親の方に似る確率は高いと言われています。
しかし、遺伝によって引き継がれるものよりも、育ち方や環境による影響の方がかなり大きいと考えられています。
一目見て、すぐに親子だと分かるくらいに見た目がそっくりな親子がいるように、体格や骨格などの遺伝はある程度考えられます。
体格によって有利や不利が決まるスポーツでは、遺伝によって差が出てくる事もあります。
しかし、それだけではなく、幼い頃からスポーツが身近にあり、体をたくさん動かして過ごしていたかどうかが最も重要になってきます。
母親が普段からスポーツをしていれば、必然的に子供にもスポーツが身近な存在になり、体を動かす機会も増えます。
反対に、スポーツの習慣がない母親は、過ごし方もインドアになりがちです。
遺伝と諦めるよりも、幼い頃から意識してスポーツに触れさせたり、体を動かす遊びをしてあげる事で、十分に伸びる可能性はあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

父親の運動神経が遺伝する可能性とは
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝に関する論文の存在
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経と遺伝子の関係
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は遺伝しないが環境によって変わる
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経が遺伝する割合は
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経の良し悪しに関わるミトコンドリアは母親から遺伝します
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
子供に運動神経が遺伝するかどうか気になる父親と母親に
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
運動神経は子供に遺伝するのか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
親の運動神経は子供に遺伝するのかどうか
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方
遺伝で決まるは本当か、運動神経が良い人の特徴
基礎体力をつける方法、基礎体力の付け方