運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは

運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは

スポンサーリンク

 当サイトでは運動神経についていろいろ書いていきます。
 今回は運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法についてです。

 

 運動神経は両親から遺伝するといわれています。しかし、実際は運動神経は父親や母親から遺伝するものではないという意見もあるようです。
 そのような考え方によれば、運動神経は遺伝しないそうです。
 しかし、運動能力は遺伝するそうです。
 ここで、運動神経とは何か?ということですが、
 運動神経とはバランス感覚、判断力、反応の速さといった運動をするのに補佐をする性質のことを示すようです。
 バランス感覚、判断力、反応の速さは後天的に身に付けることができるといわれています。
 また、運動能力とは何か?ということですが、
 運動能力とは骨格の大きさや形状、筋肉の割り合い、身長や手足の長さ、速筋と遅筋の比率などを示すようです。
 骨格の大きさや形状、筋肉の割り合い、身長や手足の長さ、速筋と遅筋の比率は父親や母親から遺伝するようです。
 両親から運動能力を遺伝するとはいっても、父親と母親のどちらの性質を遺伝するのかについてはわかりません。
 遺伝子は父親と母親からランダムに伝わって形成されるといわれています。したがって、父親か母親のどちらの運動能力を遺伝するのかどうかはわからないのです。
 では、遺伝のと関係がないという意見もある運動神経をアップさせるにはどのようにすればいいでしょうか??
 運動神経はゴールデンエイジと呼ばれる年代の過ごし方に左右されるといわれています。

スポンサーリンク
 

 体格は遺伝することは先ほど述べました。これに対して、運動神経はゴールデンエイジの過ごし方で後天的に左右されるという点が大きいそうです。
 ゴールデンエイジとはどのくらいの年代のことをいうかというと、3歳から14歳または9歳から14歳の年代を指すようです。
 3歳から14歳または9歳から14歳の年代は神経系の発達が著しい時期といわれています。したがって、3歳から14歳または9歳から14歳の年代に質の高いトレーニングをしたかどうかで、運動神経は大きく左右されます。
 緻密な動きが要求されるスポーツは幼児期から取り組まないとプロになるように大きく成功することは難しいといわれています。
 ですから、子どもの頃はできるだけさまざまな運動やスポーツを体験させることで、子どもの運動神経の発達に役に立つでしょう。
 小学校3から4年生の頃になれば、子供本人のしたいスポーツを意思表示することもあるでしょうし、子どもに適性のあるスポーツの方向性もみえてくるでしょう。
 小学校3から4年生の頃に、テニスでもサッカーでも野球でも、質の高いトレーニングをすることがとても大事だといわれています。ここで、トレーニングといっても、筋力トレーニングのことではありません。サッカーやテニスや野球のようなボールの動きやボールとの距離感、バランスを崩したときの平衡感覚などのような技術です。
 小学校3から4年生の頃に習得した技術は一生忘れないともいわれています。

 

 いかがでしたか、当サイトではこのように子供や大人の運動神経・運動能力を向上させる方法、子どもや大人の運動神経・運動能力と遺伝の関係などいろいろ書いていきますので、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

運動神経と父親や母親の遺伝、運動能力をアップさせる方法とは記事一覧