ゴルフ 基礎体力作り

ゴルフの基礎体力作りは、日常生活で実行できる運動もあります

スポンサーリンク

 ゴルフは、紳士のスポーツといわれる様に、基本的なマナーを守って行う事が要求されます。
企業では、取引先の接待として行う、あるいはレクリエーションとして実施される場合もあります。
それだけ楽しむ人口も、老若男女を含めて多いという事を示しています。
 ゴルフの腕前を上達させるために、基礎体力作りを行う事があります。
プロによる専門的な本なども出版されていますが、内容はそれぞれに違いもあります。
基礎体力作りですので、生活の身近な場面を利用して、体力作りに役立てる事もできるのです。
 唯、まず最初に行う事は、基本的なフォームなどは、基礎部分でいいので、完璧にからだでマスターしておく必要があります。
この部分をきっちり行っておかないと、体力作りを先に行っても、イメージに繋がらなくなってしまいます。
ある程度の経験があって、スコアを伸ばしたいというのであれば、まずは基本的なフォーム、アプローチの仕方を確認してみるのもお奨めの方法です。
経験を積んでしまうと、各人の特性をもったフォームが出来上がっている場合があります。
動画を利用して、今一度自分のフォームを確認する事も重要になります。

スポンサーリンク

 ゴルフにおける基礎体力作りでは、下半身の筋肉を付けるなども大切な役割に繋がります。
実際にクラブを使用してスイングをするとわかりますが、下半身を力ませる訳ではなく、腰から下の下半身の筋肉が必要になります。
基本的なフォームをマスターできていれば、力まずに飛距離に繋げる事もできます。
筋肉を付けて、しかも筋肉が動きに対応できる様に、柔らかくしておく事が重要なのです。
そのため、ゴルフの基礎体力作りでは、手軽にできる方法として、ジョギングやウォーキングなどが挙げられます。
 ゴルフでグリーンに出てプレイをすると、歩く事を重ねる中で、スイングをするというプレイを繰り返します。
歩く事にも体力を消耗している訳です。
ですので、基礎という部分でいえば、日々の生活の中でできるジョギングやウォーキングが、基礎体力作りに役立つ方法となります。
上半身については、余程腕力がないなどの場合は別として、筋肉を付け過ぎてしまうと、基本フォームから逸脱してしまう可能性があります。
腕などの『力』でスイングしてしまう事があります。
その点に留意しながら、日常生活の中での運動を継続的に行う事が、基礎体力作りのポイントになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加