野球 基礎体力作り

野球を行う場合の基礎体力作りについて

スポンサーリンク

 野球は打ったり守ったり、そして走ったりする事によって常に激しい運動を求められるスポーツです。
また1試合の試合時間も長時間になるケースがあるために、野球部でレギュラーを目指すためには基礎体力作りが必須となります。
野球のための基礎体力作りの方法としては、様々な事が挙げられます。
まず1つ目としては、毎日のランニングがあります。
ランニングは強靱な体力と足腰を作ります。
これは打撃の際に強い打球を打つことに役立ちます。
また守備においても、延長戦のスタミナ切れを防ぐ事が可能となります。
また投手の場合については、長いイニングでも安定して投球する事が可能となります。
基礎体力がない場合は、長いイニングを投げると足腰が弱ってしまって、コントロールが乱れるケースが多々あります。
毎日のランニングを継続する事によって、強靱な体力が身につくために、例えば延長戦を投げたとしても、コントロールが安定します。
また強いスピードボールを投げる事にも役立ちます。

スポンサーリンク

野球でレギュラーを目指す場合、基礎体力を身につける事が重要となります。
基礎体力を身につける方法としては、水泳が挙げられます。
水泳によって肺活量や全身の筋肉を鍛える事が出来ます。
これによって、守備をバテずに行うことが出来ます。
また、走塁の際に一塁から一気に本塁に生還する場合は、全速力で走るためには肺活量が必要となるケースがあります。
このような場合、普段から水泳の練習で鍛えておくことによって、走塁の際にバテずに本塁まで全速力で走る事が可能となります。
また、基礎体力作りのためには毎日の筋肉トレーニングを行う事も大切となります。
例えば打撃の際に、強靱な筋肉がある事によって外野まで強い打球を運ぶ事ができます。
また相手投手がスピードボールを投げても、強く打ち返す事が可能となります。
また筋肉トレーニングを行うことによって、投手の場合は強い速球を投げる事が可能となります。
これによって三振を奪える確率が向上します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加