基礎体力作り ストレッチ

ストレッチでできる基礎体力作り

スポンサーリンク

 今まで定期的にスポーツをしてこなかった人が、無理なく基礎体力作りをするには、ストレッチが最適です。
ランニングをしたり、激しい運動が必要なように思えますが、そんなことはありません。
普段あまり運動をしていない人が、突然激しい運動を行うと、心臓に負担がかかったり、逆にあまりいい影響を与えません。
ストレッチのように体に負担をかけずにする動きで、十分な効果を得ることができます。
基礎体力作りでまず大切なのは、意外かもしれませんが、呼吸法です。
腹式呼吸と胸式呼吸を正しく行うことによって、血流が良くなり、代謝も活発になります。
ストレッチを始める前に、この二つの呼吸法をすることによって、運動効果を高めることができます。
深く息をすることで、酸素が体の隅々まで行き渡り、疲労回復だけではなく、リラックス効果もあります。
呼吸が浅いと、姿勢が悪くなり、内臓が圧迫されて体力低下につながります。
そのため、基礎体力作りの基本は、正しい呼吸法を行うことになります。

スポンサーリンク

ストレッチをすると、これまでさびついていたように固まっていた体が、どんどん柔軟になり、軽くなっていきます。
じっくりと体を動かすことによって、徐々に筋肉量を増やすことができます。
ウォーキングやランニングと違って、時間も天気も気にせずに、いつでも家の中でできるので、毎日続けることができます。
筋肉量が増えると、冷え性が改善され、脂肪も燃えやすくなるので、女性にとって基礎体力作りは、嬉しい美容の効果もあります。
年齢を重ねると、何もしないとどんどん体力は低下してしまいます。
しかし、ストレッチであれば、誰でも簡単にできるので、無理せずに基礎体力作りができます。
体が慣れてくると、日常の何気ない仕草でも、筋肉をつけることを意識するようになっていきます。
例えば、歯を磨きながら立ち腹筋をしたり、ドライヤーを使う時は、肩甲骨を広げるようにするなど、日常生活の中に基礎体力作りを取り入れることができるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加