陸上の基礎体力作りのメニューについて

スポンサーリンク

陸上の基礎体力作りのメニューとして、ジョギングを長距離行うことと短距離ダッシュを何回も行うことの2つの方法があります。
最初にジョギングを行うことでは、コンスタントに続けることが重要です。
時間にすると30分程を習慣づけることです。
それは、脂肪を燃やすまでジョギングをする必要があります。
ジョギングで脂肪が燃え始めるのは始めてからだいたい20分程度かかりますので、30分以上はジョギングをすることが大事です。
速く走らなくてもいいので、汗が少し出るぐらいで、ジョギングを行います。
次は短距離のダッシュを何回もすることです。
肉体的、精神的に相当しんどい運動ですが、確かな基礎体力作りのメニューになります。
具体例を挙げると、100メートルを全速力で走り、その後最初の場所にジョギングで戻り、再び100メートルを全速力で走ります。
何度も何度も行ううちに下半身が鍛えられていき、陸上を行うために必要な基礎体力が付いてきます。

スポンサーリンク

陸上では下半身だけでなく、腹部や両腕の筋力もとても大事になります。
よって、ただ走るだけでなく、筋力アップも同時に行うことが大切です。
筋力を上げるトレーニングとして腹筋、背筋、スクワット、腕立て伏せが効果的です。
腕立てをして腕力をつけることで、腕を振るときに良い作用を及ぼし、腹筋を鍛えればダッシュのときの呼吸に影響を与え、背筋を鍛えればダッシュのときの姿勢が良くなります。
さらに、スクワットで下半身の筋力を上げられます。
鍛え抜かれた足腰が陸上では欠かすことはできないです。
筋力アップをもっと有効にするトレーニングメニューとして、トラックをダッシュで1周し、スクワットや腕立てを行い、その後に再びトラックをダッシュすることを何回も反復します。
かなり運動量がありますが、陸上を行う上での基礎体力作りができます。
ここで大事なことは休憩なしで走ることです。
全速力で走ってから休んでしまうと効果がありません。
全速力で走り、すぐに筋トレをして、すぐにまた全速力で走ることが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加