小学校で行える小学生の基礎体力作りメニューはマラソンです

スポンサーリンク

こどもの内には、からだが柔軟でもあるため、体力を付けて、更に運動能力に繋げるという事も可能になります。
 小学校で、小学生が基礎体力作りをするメニューには、校庭、あるいは学校周辺のマラソンなどが最も身近な内容です。
マラソンの場合には、何といっても持久力が必要になる運動でもあります。
喘息などの持病を抱える場合は別ですが、基礎体力作りという面では小学生には最適なメニューとなります。
低学年で初めて実施する場合には、校庭内で様子を見ながら、距離などを設定する事ができます。
次第に距離を多くしていったり、タイムなどを計る様にしていっても、基礎体力を更に高める可能性をもっています。
 小学校での基礎体力作りメニューは、学年によって、内容を変化させるなども可能です。
入学間もない小学生の場合には、技などはまだ使えません。
その分からだの柔軟性はあるため、器械体操なども効果的な内容になります。
からだの柔軟性は、ある程度継続して運動をする事で、長期的に体力作りをするやり方に繋がります。

スポンサーリンク

 小学校での基礎体力作りメニューとして、一輪車乗りなどは、バランス感覚を養える方法でもあります。
一輪車に初めて乗る場合には、人の手を借りたり、寄りかかるものが必要になる事もあります。
しかし、やがて一人で一輪車を操って乗れる様になる生徒が多いので、取り入れたい内容の一つになります。
一輪車乗りは、バランス感覚が養えますので、場合によっては、車酔いなどの症状改善に役立つ可能性もあります。
車酔いのメカニズムと共通した部分もありますので、該当する場合には、試してみる事をお奨めします。
 小学校で実施できる基礎体力作りメニューとして、山登りなども有効な方法になります。
山登りは、大人でもかなりきついと感じるコースなどもあります。
小学生の場合には、勿論距離や勾配などは配慮すべき点となりますが、できるだけ定期的に実施すると、体力がついてくる様になります。
学年によって、距離やコースを変えてみると、対応ができる内容となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加