基礎体力作り サッカー

ランニングをしてサッカーの基礎体力作りをする

スポンサーリンク

 サッカーをしている方で体力がないと感じる方もいるでしょう。
試合などをしていると他の選手と比べて疲れるのが早い方が感じている悩みになりますが、まずは基礎体力作りをしなくてはなりません。
いくら技術があっても長い間走れなければ活躍する事は難しいですし、最悪の場合は途中で変えられてしまう場合もあります。
基礎体力作りの方法をしっかりと覚えて試合で活躍できるようになりましょう。
基礎体力作りをするために必要なのはランニングになります。
ランニングは非常に重要な体力作りの基本になります。
サッカーの練習と聞くと技術を磨くのが最優先と考えてしまいます。
技術を磨いてサッカーの試合で活躍するのも大事になってきますが、まず最初にランニングなどをすると体力が付くので技術が高い人よりも、活躍できる傾向があります。
寒い地域に住んでいる方はいきなりランニングをしてしまうと怪我をしてしまう可能性があるので、少し歩いて体を暖めてからランニングをしましょう。

スポンサーリンク

少し工夫をして基礎体力作りをすると体力と一緒に技術もあげれるようになります。
通常のランニングはひたすら走って体力をつけますが、少し体力がついてきて余裕を持てるようになったら、ボールを蹴りながらランニングをしてみると良いです。
そうするとボールコントロールの技術をあげながら体力を付けれるようになります。
最初から行ってしまうと体力をつけるよりもボールコントロールを優先してしまうので、体力がつかないままになってしまいます。
1試合をしっかりと動けるくらいの体力が自分に付いたと感じたら、ボールを使ってランニングをすると良いでしょう。
この他にも筋トレなどがありますが、やはりランニングをして体力を付けるよりは効果が下がってしまいます。
ランニングは辛いですしいくら行っても好きになれない方も多いですが、基礎体力作りのためにしっかりと行うようにしましょう。
筋トレは雨などが降ってしまい、外でランニングを出来ない場合に行うと良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加