水泳 基礎体力づくり メニュー

基礎体力づくりメニューとして全身運動の水泳を利用できます

スポンサーリンク

 成人してからは、社会人としての生活をする様になると、運動不足になる事があります。
体力の衰えを感じるといった声が聞かれるケースも多くなり、基礎体力をつけたいという人も見られます。
 基礎体力づくりメニューとして、水泳などは効果が期待できる運動です。
水の中に入るため、冷たいなどの抵抗感をもつ場合があるかもしれませんが、水温は季節で調整されている場合がほとんどです。
屋内プールなども多いため、外気を気にせず運動する事も可能になっています。
 基礎体力づくりは、高齢者にも必要になる場面はあります。
筋肉の衰えが著しくなってくるため、筋肉の働きをつけるためにも、水泳などのメニューは最適です。
高齢者が実施する場合には、泳ぐ事がメインになるとは限りません。
水中では、歩くだけでもかなりの負荷がかかる事になります。
水中ウォーキングなどを実施しながら、無理のない程度で体力づくりに効果をもたらす事も可能になります。
週に一回位のペースであっても、継続的に実施する事で、体力を回復するなどの効果も期待できます。

スポンサーリンク

 基礎体力づくりとして、水泳メニューを取り入れる事は、効果を発揮する方法となります。
水泳の場合には、からだの一部分を使うというよりも、からだの全体を使って行う運動です。
全身の動きが必要になるため、からだへの負荷という面においても、分散して行う事ができます。
アスリートが実施する場合には、距離やスピードも必要になるため、筋肉増強を目指して、特に上半身が発達する事もあります。
一般の人が実施する場合には、距離やスピードが強制される訳ではありませんので、無理をせずに持続できます。
 場合によっては、泳げない人が基礎体力づくりメニューとして水泳を取り入れる事もあります。
いずれの場合であっても、コーチが複数を対象に指導する場合があります。
基本的なフォームなどから教えてもらえますので、泳げる事を目標に利用する事もできます。
 水泳をメニューに取り入れる場合には、クラブなどに入会してから実施する人も見られます。
クラブによってサービス内容には違いもありますが、入会後は自由にプールを利用して、自分で行うメニューを作成して実施する事も可能な場合が多くあります。
水中ウォーキングだけを実施するなどでも、基礎体力づくりとして利用できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加