基礎体力づくり メニュー バレーボール

バレーボールの基礎体力づくりにおすすめのメニュー

スポンサーリンク

 バレーボールは瞬発力が要求されるスポーツです。
ですが、試合時間に制限はなく、一試合が長くなったり、試合が連続したりすることもあるので、持続的体力も必要となります。
バレーボールの基礎体力づくりにおすすめのメニューは、ランニング、ダッシュ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋、背筋です。
まずは体力をつけるために毎日のランニングを習慣にしましょう。
技術の向上に即つながるわけではないですが、体力作りにはかかせないメニューです。
バレーボールに必要とされる瞬発力を出すためには、太股をはじめとした前進の筋肉が必要です。
そのために、スクワット、腕立て伏せ、腹筋、背筋といった筋トレが必要となります。
バレーをしていると太股が特に発達して太くなりますが、太股だけ鍛えてもよい動きはできません。
全身の筋肉を使えるようにバランスよく鍛えるのが重要です。
そして瞬発力を高めるためのダッシュをメニューに加えましょう。
短距離を全速力で走る練習を繰り返すことでとっさのときの瞬発力が養われます。

スポンサーリンク

基礎体力づくりにはこうした筋トレがかかせませんが、それ以上に重要ともいえるのが柔軟です。
技術の向上のためにも、怪我を防ぐという意味でも、筋肉疲労を緩和するという意味でも柔軟はかかせません。
体が固いとバレーに必要な低い姿勢がうまくとれませんし、パスやレシーブ、アタックといった基本的な動きがうまくできません。
さらに、怪我の原因にもなります。
練習に入る前にも、練習が終わった後にも、十分な柔軟をするようにしましょう。
さらに入浴後などにストレッチをするとさらに効果的です。
基礎体力づくりと平行して、ボールの感覚に慣れるための練習も始めるとよいでしょう。
バレーはボールを持つことのできないスポーツです。
その分、ボールの感覚に十分に慣れ、自在に操れるようになる必要があります。
そのためには練習のとき以外にもボールを常に触っているのがおすすめです。
できたらボールを自宅にも用意して、何気なくくつろいでいるときなどもオーバーハンドトスの練習をしたりすると上達が早くなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加