基礎体力づくり メニュー サッカー

サッカーにおける基礎体力づくりのメニュー

スポンサーリンク

 日本でもサッカーが国民的なスポーツとなり、自分の子供にサッカーをさせたいという方も増えております。
昔に比べ、様々な教育の本なども多数出版されており、たくさんの練習メニューがあります。
基本的には、ボールを足で蹴るというスポーツでありますので、ボールの蹴り方やドリブルの仕方なども必要であり、練習方法をたくさんあります。
しかし、どのスポーツにおいても基礎体力づくりというものが、一番必要です。
人より早く走ることができることや、人より長く走れることや、人より高く飛べることなど、基礎体力が上がれば、試合などでも十分に力を発揮できるということがあります。
そのために、基礎体力づくりは、日々の練習において重要視する必要があることがうかがえます。
プロのサッカー選手でさえ、基礎体力づくりは、非常に重要しており、選手によって異なりますが、必ず練習メニューに入れて日々努力しております。
基礎体力がない選手はどんなにボールを触るのがうまくても試合で活躍することができないです。

スポンサーリンク

実際、基礎体力づくりの練習メニューとは、どのようなものがあるか考えてみます。
まず、走ることです。
走ることには、短距離と長距離があります。
短距離のトレーニングとして、コーンを同じような間隔をあけてそれを飛び越えるようにつま先で走ります。
これを繰り返すことにより早く走るためのコツが身に付きます。
すぐには実感できないでしょうが、日々することで体が覚えていきます。
また長距離について試合時間を走る為の体力が必要となります。
まずは、長距離走を行います。
簡単にいえばマラソンです。
試合時間と同様の時間を走れなければ、体力が持ちません。
またサッカーにおいては、ただ走るだけではなく様々な動きを行います。
相手をかわしたり、後ろ向きに走ったりすることもあります。
これに近い動きは、おにごっこです。
通常のおにごっこではなく、枠を決めてその中でおにごっこをするなど工夫すれば、前に走るだけでは、うまくいかず前後左右に動き相手をかわす練習となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加