子供の体力の付け方

成長期となる子供の体力の付け方

スポンサーリンク

 子供の体力の付け方として、小学校を例に挙げた場合には、体育の授業によって運動機能を高める内容が展開されています。
体力不足による影響には、基礎代謝の低下や体重を支えるための筋肉の量や質、さらに疲れやすくなるなどの身体全体の機能にまで関わっています。
さらに身体が成長期に入る3歳から就学前の園児の場合には、小学校と異なり、体育の授業が展開されていないため、子供の体力の付け方として遊びから自然な体力アップが図れます。
子供の年齢に応じて挑戦できる大型遊具が展開されているのも園の特徴で、運動能力にあわせて多彩な遊びから体力作りが可能です。
運動量が増えるのが3歳児以降の年齢からで、体遊びの環境を用意することが大切です。
特にユニークな構造の遊具を導入することにより、バランス感覚までが鍛えられます。
また、子供の体力の付け方として、壁面を利用したクライミングは指先から足まで全身運動に直結しており、体力作りに最適で、木登りやうんていなども同様のことが言えます。

スポンサーリンク

子供の体力の付け方に体遊びを挙げる先進国では、1日に60分の体を使った遊びが重要であると推奨しており、小学校での体育は約50分程度と体力作りに適した時間配分となります。
園児の体力アップに繋げる動きとしては、背筋や筋持久力を育むための腹ばいでの動きや、歩行によって脚力が付いて全身のバランスに繋げるランの動き、さらに神経や筋肉のコントロールを図る俊敏さのある動きや基礎体力の元にも繋がる体幹を鍛える動きなどが必要となります。
また、体力不足に繋げないためのスタミナ食を取り入れることも成長期の子供には必須で、筋肉や骨を形成するたんぱく質を運動前に摂取することによって筋肉が付き、自ずと体力アップが図れます。
子供の場合には脳の発達にも左右するため、飽きずに楽しめることは重要な意味合いがあり、遊び方や動作、動かす筋肉なども遊具によって違いがあるため、体育やスポーツでの体力作りが難しい子供へのアプローチ法として遊び道具から身に付けることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加