基礎体力の付け方 ランニング

ランニングと基礎体力の付け方の関係について

スポンサーリンク

 ランニングを継続することによって、肺活量が鍛えられるためにスタミナが増します。
そのため、ランニングは基礎体力の付け方として非常に良い方法の1つに挙げられています。
またランニングの魅力は費用や道具などが必要ではなく、シューズやジャージなどの身近な用具を揃えることによって開始できるというメリットがあります。
そして走る際に気をつけるポイントはいくつかあります。
まず1つ目として、準備運動を入念に行うことをオススメします。
特に高齢者の方々が急に走ると転倒をしてしまったり、アキレス腱などを痛めてしまう可能性が出てきます。
そうなってしまうと、怪我の症状が重い場合は入院となってしまうために注意が必要となります。
したがって事前の準備運動はしっかりと行うようにしましょう。
さらに、小学生や中学生にとっても、ランニングは基礎体力の付け方として最適な方法となります。
部活動において、長距離走が練習メニューとなるケースがありますが、これは強靱なスタミナを付けるためにあります。

スポンサーリンク

基礎体力の付け方としてランニングは有効な方法の1つです。
そして走る時に大切な事は、自分の足のサイズに合ったシューズを選択することです。
もしも靴のサイズが合っていない場合は、短距離では大丈夫でも、長距離になると疲労感が増すケースがあります。
またサイズの合わないシューズを継続して使用していると怪我にも繋がりますので、注意が必要となります。
自分に合ったシューズがわからない場合は、スポーツ用品店の店員などに質問をすると良いでしょう。
近年はネット販売でも性能の高いシューズを販売しています。
また、子供にとっても長距離ランニングを継続することは、大人になった時のスタミナにつながります。
そのため、子供の頃から長距離走を日課にする方がスタミナが身につきます。
また足腰が鍛えられるために、他のスポーツを行う場合においても持続力が身につきます。
さらに、長距離を継続して走ることは忍耐力の向上にもなるというメリットがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加