基礎体力の付け方 バスケットボール

バスケットボールの基礎体力の付け方

スポンサーリンク

 どんなスポーツでも基礎体力は必要ですが、バスケットボールという競技ほど走り続けるスポーツは中々ありません。
そこでまず、ランニングは大体のスポーツで取り入れてますので、バスケットボールに重点を置いた基礎体力の付け方を覚えましょう。
バスケットボールの試合を観ると分かるかもしれませんが、常に走ってからオフェンス、走ってからディフェンスの流れでゲームが動いています。
重要な点は「走った後の動作がどれだけしっかり出来るか」という事になります。
最初はボールを持たない基礎体力の付け方を練習していきます。
最もゲームでする動きが、瞬発的な動きとなりますので、反復横跳びやダッシュ&ストップといった流れを、笛などの合図で動く練習は必ずと言っていいほど取り入れられてるメニューです。
また、ジャンプする動作も非常に多いので、走って後にジャンプする、そして着地した直後にダッシュする動きも入れていくと、ゲームの時でも体の動きが変わってくるのが分かるようになります。

スポンサーリンク

今度はボールに触れながらバスケットボールに合った基礎体力の付け方を身に付けて行きましょう。
前述したように、ゲーム中にする動作という事が重要です。
ボールを持つ状況はゲームで考えるとオフェンスしてる事になります。
ですので、ドリブルを突く時は必ず目の前にディフェンスがいる事を想定して行うようにしましょう。
ボールを突く手も、最初は無意識に利き腕に頼ってしまいがちですが、なるべく両方の手で出来るように練習します。
利き腕だけに頼ってしまうと、体の筋肉の付き方も偏ってきます。
ボールハンドリングの基礎体力の付け方として、立った姿勢でボールを胴体周りや首周りを回したり、8の字を描くように股の間を通したりする動きも良い練習法です。
上手い選手ほどボールが手に吸い込まれてるかの様に見えます。
これには地味な練習が多くあり、またボールに触れてる時間が長い事も事実です。
誰もがボールを持ったら真っ先にシュートを打ちたくなりますが、まずは走りながらドリブルも出来て、走った後にもちゃんとシュートが打てる基礎体力を付けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加