基礎体力の付け方 30代

30代の基礎体力の付け方について

スポンサーリンク

 30代の人が、基礎体力をつける方法としては様々な方法が挙げられます。
20代の頃と違って、激しいスポーツを行うと足の靱帯やアキレス腱などを痛めてしまうケースがあるために、運動には注意が必要となります。
そのため、30代の人の基礎体力の付け方としては、毎日のジョギングが挙げられます。
毎日、継続してジョギングを行う事によって、足腰が鍛えられます。
また肺活量も鍛えられるために持久力もつきます。
そしてジョギングを継続することによって、基礎体力が付くために日常生活の中でも疲れにくい身体になります。
これは仕事等にも多くのメリットがあります。
また、身体が若々しくなるために気持ちにもハリが出てくるというメリットがあります。
ジョギングはお金が基本的にはかかりませんので、気軽に出来る基礎体力の付け方として推奨します。
三日坊主になりそうな時は、自分でタイムを計測したり、完走後のご褒美を決めたりする等の工夫をする事によって、ジョギングが楽しくなります。

スポンサーリンク

30代の人が基礎体力を付ける方法としては、様々な事が挙げられます。
まず挙げられる事は、水泳があります。
水泳は身体に負担がないために、怪我のリスクが少ない運動だと言えます。
また、水泳を行う場合は仲間を作ることによって楽しく運動を継続できます。
水泳は肺活量を鍛えますし、全身の筋肉を鍛えることが可能です。
そのため、継続的に水泳を行うことによって、基礎体力が身につきます。
さらに、基礎体力の付け方として挙げられる事は、野球やサッカーなどの運動サークルに入ることを推奨します。
野球は1試合で走ったり、打ったり守ったりと、常に運動を行う環境です。
そのため、試合を楽しみながら基礎体力を身につけることが出来ます。
サッカーも試合中は常に走ったりしていますので、基礎体力が身につきます。
もっとも、これらの球技は相手選手との接触等の理由により怪我をする事もありますので、30代の年齢向けの球技サークルに入るようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加