基礎体力の付け方 40代

40代からの基礎体力の付け方

スポンサーリンク

 40代になると、著しく体力の衰えを感じるようになります。
ちょっとしたことですぐに疲れてしまったり、つまずきやすくなったりして、自分の体力のなさに落ち込んでしまう人もいます。
しかし、40代からでもできる簡単な基礎体力の付け方があります。
それは、ストレッチをすることです。
基礎体力の付け方で人気があるのは、ジョギングやウォーキングですが、毎日続けるのは大変ですし、寒い冬や雨の日はできないので、継続して行うのが難しいです。
しかしストレッチであれば、家の中でいつでもできて、一畳分のスペースがあれば十分です。
40代になってから、突然スポーツを始めても、体に負担がかかったり、けがをしてしまうので、自分のペースで続けられるストレッチが、基礎体力の付け方として一番いい方法です。
毎日続けると、始めてから一週間位で体が変化したことを感じることができます。
肩こりなどの体の不調が改善されたり、便通が良くなり、お腹がすっきりとしてきます。

スポンサーリンク

どういうストレッチをしたらいいか分からないという人は、DVDが付いている本を参考にすることをおすすめします。
写真だけだとよく分かりませんが、動画であれば理解しやすいのでおすすめです。
こうしたストレッチは、一つのプログラムが10分以内のものが多いので、飽きたり、途中で嫌になることなく、楽しく続けることができます。
休みの日は、全てのプログラムを行い、普段はできるプログラムだけをする、というやり方で行うと、負担に感じることなく続けることができます。
ストレッチをして、普段伸ばすことのない筋肉を伸ばすと、血液の循環が良くなり、酸素も体中に行き渡るようになります。
そのため、体調が良くなるだけではなく、自律神経のバランスも整うので、ストレスが減っていきます。
続ければ続けるほど、良い効果を日々実感することができるので、義務ではなく、当たり前のこととして日常生活の中に取り入れることができます。
こんなに簡単で、メリットが多い基礎体力の付け方は他にはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加