基礎体力をつけるには

基礎体力をつけるには適度な運動が一番

スポンサーリンク

 年齢とともに体力が衰えていくことがあります。
自身は若い頃と変わらないつもりでも、身体は正直です。
年齢に勝つことはできません。
ただし、努力次第で老化現象をある程度は防止することができます。
いつまでも若々しく健康的で過ごしたいという人は、まず、基礎体力に注目してみることが大事です。
基礎体力をつけるには適度な運動を行うことが最適です。
筋力は年齢とともに衰えてくるものだからです。
筋力がきちんとついていることによって、基礎体力も維持することができます。
特に、高齢になればなるほど、脚の筋力が弱まってきてしまいます。
屈伸運動をしたり、ストレッチをしたりするだけでも、筋力をつけることは可能です。
つまり、身体を柔らかくさせることがポイントと言えます。
柔軟性を大事にすることで血流も良くなり、新陳代謝もスムーズにいくようになるというわけです。
基礎体力をつけるには、毎日の積み重ねが大事です。
室内でもストレッチは簡単にできるので、日課として行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

それから、日々の食事に気をつけることも大切です。
栄養バランスが悪く、添加物の多いものばかり食べていては、せっかく運動をしていても健康的な身体を作ることはできません。
適度な脂肪をつけて脂肪を燃やしながら、新陳代謝を促すようにすることが重要となってきます。
そこで、野菜ばかりではなく、タンパク質も摂り入れるようにします。
タンパク質は肉や魚などが挙げられます。
これらを適度に摂り入れることで、脂肪が燃焼し、体内の巡りを良くすることができることになります。
それから、骨を丈夫にするために、カルシウムを摂取することも大事です。
小魚や牛乳といったものも摂取するようにします。
基礎体力をつけるには、このようにバランスが大事です。
そして、体幹を鍛えることもポイントと言えます。
体幹がしっかりしていれば新陳代謝も良くなるからです。
最近は高齢でも比較的、行いやすいと言われているヨガやピラティスなどもお勧めです。
自宅で一人で行うことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加