基礎体力をつける方法 基礎体力の付け方

基礎体力をつける方法・基礎体力の付け方

スポンサーリンク

 当サイトを訪問いただいてありがとうございます。
 当サイトを訪問いただいたということは、「最近、なんだか昔と比べると基礎体力がなくなったな・・。(疲れやすくなったな)」って感じる方や、「もっと、体力をつけたい!!」とそう考えている方のどちらかだと思います。
 このまま何もしないで過ごしているのであれば、体はどんどん衰えていきます。
 今よりも、もっと体力をつけたいと思っていても、基礎体力をつける方法を間違えれば、効率良く体力をつけることはできないでしょう。
 健康的な身体を手に入れるためであったり、スポーツをもっと楽しみたい!!部活などでスポーツがもっと強くなりたい!!という時には、基礎体力の付け方をしっておくことが重要なことになります。
 では、基礎体力をつける方法にはどんなものがあるかを見ていきましょう。
 基礎体力をあげるための一つの方法に、筋肉量を増やしておくということがあげられます。
 筋肉量が少ない状態であれば、身体を動かした時に、すぐに筋肉に疲労が溜まってしまうことになるのです。筋肉に疲労が溜まってしまうのが、体全体がだるくなってしまうのです。これが、「なんとなく昔より身体が疲れやすくなった・・・・。」と感じる原因の一つです。また、体力をもっとつけたい!!って思っている方も、筋肉量が増えると、基礎体力が上昇するのが普通です。アスリートであれば、さらなるパフォーマンスの向上が期待できるでしょう。ですから、しっかりと筋肉を付けて丈夫な身体にしておく必要があるのです。
 筋肉量を増やすためには、やはりある程度の筋力トレーニングが必要になります。

スポンサーリンク

 筋力トレーニングというと重たいダンベルなどを持ち上げて、かなりしんどりトレーニングが必要であるというイメージを持っている方も多いと思います。しかし、軽めのダンベルであっても、正しい方法で筋力トレーニングすれば、効率的に筋肉を強化することができるのです。
 少しずつ、筋肉を強くしていけば、それによって基礎体力のアップにも繋がります。ですから、基礎体力作りをしたいと強く思っている方には最適の方法なのです。

 

 基礎体力をつける方法は他にもいろいろあります。基礎体力の付け方の詳細は当サイトにいろいろ書いていく予定です。
 ここでは、基礎体力をつける方法を、もう一つだけ紹介します。
 基礎体力の付け方として、肺機能を鍛えておくということも重要なことです。
 せっかく身体を動かそうと思って、体を動かしたとしても、すぐに息切れがしてしまうような状態だとしたら大変ですよね。アスリートで持久力が足りないというレベルでも、スポーツを思う存分楽しむというレベル以前に、日常生活でも支障が出てしまうことと思います。
 そのようなことにならないためには、心配機能を強化しておくことです。ちょっとやそっとの運動では息切れしないような身体にしておくことは基本です。
 心肺機能を強化するためには、ジョギングが効果的だといわれています。
 適度な負荷を自分のペースで与えることができることや、自分の今の体力に合わせて、運動できます。だから、だんだんと自分の身体を強化することができます。

 

 以上のように当サイトでは基礎体力を付ける方法・基礎体力の付け方について書いていきます。
 初級者向けから上級者向けまで書いていけたらと思いますので、よろしくお願いします!

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加